障害年金の懸念

障害年金は受給者がどんどん増えていて今後の懸念について様々な意見があります。
障害年金というのは体に残ってしまった障害について支払うものと精神的な部分について支払われる二通りがありますが、特に病気や怪我などによって身体的な部分で給付を受ける人が今後は爆発的に増える見込みとなっています。
一部の病気でも年金を受け取れる条件に該当するため、団塊世代をはじめとして、高齢者が増えれば増えるほどにこの年金の受給者が増えることとなってしまいます。

日本の経済状況を考えると、多くの人々がこの年金を受けることになれば当然ですが全体的な年金額そのものが引き下げられてしまうといった可能性があります。
また精神的な部分でも認定されるために、こうした制度を悪用する人がいることも事実です。
認定に関しては医師の診断書を作るか必要がありますが、医師は患者が普段どのような生活をしているのかを確かめることができないため、あくまでも通院している中での症状や問診などに従い、判断するしかありません。
そういった部分で不正受給する人が増えていることも懸念の一つと言えます。

こうした懸念が広がれば広がるほど本当にこの年金をしようとしている人が受給を受けられなくなり困るのは目に見えています。
特にご家族で該当される方がいらっしゃるケースでは、今後の懸念を考えた上でできるだけ早めに申請をすることが大切といえるでしょう。
病院側のカルテ管理機関なども考慮しながら多くの給付が受けられるように申請するタイミングを考える必要があります。